株取引と恋愛って似てるのね♡私やられっぱなしじゃないんです♡

欲望の裏を行くこと!株取引には辛抱が要るの、恋愛も同様かな?!

『プリズム』 著: 百田尚樹

読みかけの本。随分前に読み始めて、途中でパタリ。

読みを止めて、そのまま。数ケ月も前に止まったまま。

読み終えていない百田尚樹氏の本、他にもあるの‥よ。

f:id:mitsuiwasasix:20191127191328j:plain

幼児虐待事件をニュースで見ることが近年非常に多いですね。

私が先週読み終えた『プリズム』、主人公の主婦の聡子が、

精神科医から、幼児虐待の話を聞く場面が何度かあります。

聡子は、医師からの話で、激しい虐待を受けた子供の中には、

自分を守るために自らを消し多重人格になる事や、幽体離脱

体験していることを理解します。聡子は、吐き気を感じながらも、

解離性同一性障害について理解を示していきます。その聡子も、

『虐待くらいで解離性同一性障害が起きるのは不思議‥‥それくらいでは

   ならないんじゃないかと、心のどこかで考えていたふしがあります。』と

語る場面があります。精神科医は『幼児虐待から生き残った人』『死ぬか、

発狂するか、人格分離を起こすしかないのです。』と話をします。こうして

理解した聡子でさえも、本人から、幼少期に受けた虐待の話を聞き、両耳を

塞いでしまいます。聡子はこれまでの自分自身を以下の様に省みています。

『まさかこれほどの虐待があったとは想像もしなかった。』

『「虐待」の度合いを軽く考えていた自分を罵倒したくなった。』と。

我々はテレビ画面から見たり聞いたりする幼児虐待事件ニュースについて

「軽く考えていた」という聡子の感覚と同様なのかもしれません。 

 

 聡子が恋した彼は隔離性同一性障害。そして、聡子が恋した男性は、

彼が抱える多重人格の、そのうちの一つの人格である青年の卓也でした。

卓也から彼の病症を聞き、主治医にも何度も会い、彼の幼少期の虐待事実も知り、

共に彼の病症を理解し、聡子は、特定の人格である卓也に、恋愛感情を燃やしました。

人妻の聡子は、心も肉体も卓也に惹かれて、夢中で彼に恋をした‥‥という小説です。

 

題名の『プリズム』については、本の中での精神科医が、個人の中にもある様々な人格

について「人間個人の性格は光のようなものかもしれない」と語る場面がありました。

我々が、ふだん目にする光に、色は見えない、でも、プリズムを通すと、光の屈折で、

色の無いはずの光は、虹のように色分けするという話でした。      以上です。