株取引と恋愛って似てるのね♡私やられっぱなしじゃないんです♡

欲望の裏を行くこと!株取引には辛抱が要るの、恋愛も同様かな?!

『三島由紀夫 ~ 剣と寒紅 ~ 著:福島次郎』

本日は11月25日です。

ある人の誕生日です。

誕生日メッセージを送信しました。

返信がありました。

相手の目にメッセージはちゃんと届いたと分かり

私はクスッと笑って‥「そっか」と思い‥

まぁ‥これでいい、と、このブログ投稿作業を始めました。

f:id:mitsuiwasasix:20191125185604j:plain

11月25日 文豪:三島由紀夫の命日

知ったのは、昨日、この本を読んだからです。

昭和四十五年(1970年)十一月二十五日 作家:三島由紀夫(本名:平岡公威)

東京市ヶ谷自衛隊駐屯地にて割腹自殺、人が介錯し生首が落ちたと。

私は、驚いたのです、11月25日と知って。

何より、今まで私が無知であったことを、驚いたのです。

この本は、文豪:三島由紀夫と作者との出逢い&ふたりの関係が

執筆された本であり、「私って‥‥なんで何にも知らないのよ?!」

「あ”ー あ”ー! だから‥‥だぁ!? なんで私は気づかないの?!」

「えっ~‥‥知らなかった‥‥そういうこと!だったの?!ね?」

という内容の本でした。   以上