株取引と恋愛って似てるのね♡私やられっぱなしじゃないんです♡

欲望の裏を行くこと!株取引には辛抱が要るの、恋愛も同様かな?!

「 薔薇が恋人 ~『星の王子さま』」

   f:id:mitsuiwasasix:20180728231320j:plain      ‥‥ 薔薇 が 恋人 ‥‥        

      薔薇が恋人 って サン=テグジュペリ の『星の王子さま』の  お話みたい。

      f:id:mitsuiwasasix:20180730140429j:plain 

   f:id:mitsuiwasasix:20180728231405j:plain星の王子さま』のお話をまとめてみました。

       王子の星で、一輪の、その花は咲いた。花には4つのトゲがあった。

  花の良い香りに包まれて、王子は本気で花を愛した。しかし、その

  花の美しさに、王子は心が苦しんだ。王子が、やがて、花の心を、

  疑ったからである。

  

  花はいつも、花の方から、王子に、話し掛けて、笑い掛けてくれた。

  花は、弱くて、無邪気で、そして、いつも、とんちんかんな事ばかり

  言う。それで、王子には、その花を愛するっていう事が、分からなく

  なった。王子は、花から離れる事にした。

 

  サヨナラを言った別れの日、花は大人しく、とがめることも言わな

  かった。花は、王子を好きな想いを、素直に、王子に伝えることが

  ずっと出来ずにいた。花は、この別れが哀しいとも、会えなくなる

  のが淋しいとも言わず、強がったまま別れた。 

        f:id:mitsuiwasasix:20180730140730j:plain

  王子は、遠く旅をして、サハラ砂漠までやって来た。砂漠の土地で

  王子は、ひとりぼっちで残してきた花を、初めて、懐かしんだ。

 

  砂漠の土地から、砂原と、岩と、雪を、踏み分け越えて来た土地で

  王子は、遠くに残してきた王子の花と似ている、数多くのバラに

  出会った。これらの出会によって、王子は知った。星に残してきた

   f:id:mitsuiwasasix:20180730140201j:plain f:id:mitsuiwasasix:20180730151907j:plain

  この世で「唯一の花」と 思っていた王子の花、その花は「バラ」

  という。そして、この世でごく当たり前の花であることを王子は

  知って、うつ伏し泣いた。その時、王子の目の前にキツネが現れた。

   ( あの有名な言葉を王子に教えたキツネが現れたのです。)

       

  今日はここまでです。読んでくださって、ありがとうございました。

  f:id:mitsuiwasasix:20180730152143j:plain お疲れ様。ちゃんと休んでリフレッシュしてね。またね。